暮らし

福井県のグルメの名店・福井県に8年間住んだ私が解説します

Pocket

こんにちは。

コロナが流行して久しいので皆で集まることが近頃難しいですが、私の妻の実家は福井にあります。

転勤族だった私が8年間という比較的長期間住んだのが福井県です。

ここで妻と知り合い結婚しました。

この2年弱は行けていませんがGW盆暮れ正月といった、まとまった休みには帰省で福井に行きます。

皆で集まればどこかおいしい物でも食べに行こうかということになり、必ず候補に上がる店が今回紹介するグルメの名店3店舗です。

そしてもう1店舗紹介しているお店は先に書く3店舗程の頻度ではありませんが、たまに懐かしくて行きたくなるお店です。

おいしい物を食べるのに、条件はありませんがやはり皆でわいわいと食べるのもおいしさの秘訣ということで、いつ行っても混んでいるのがグルメの名店なのかなということで選んでみました。

今回、ご紹介するお店はインスタ映えするような所ではありませんが、長く愛着を持っていける店で味は間違いないですから是非、福井に行くことがあれば立ち寄ってほしいです。

 

私が外せない福井県のグルメの名店3+1店舗

今回選んだ中には全国にお店を出している会社もあります。

でも、調理場所が全国共通ではないためか、味のばらつきは確かに存在していて、今回上げる会社は福井県が一番おいしいものです。

 

ヨーロッパ軒・・・ソースかつ丼は超有名、でもいちおしはこれ

福井といえばソースかつ丼です。

その中でも超有名なのがヨーロッパ軒です。

福井に住み始めた頃、名前がかつ丼を出しそうな名前ではないのが、最初は何となくおかしかったのですが、今となってはすっかりおなじみとなり、福井に行くと必ず行きます。

でも、このヨーロッパ軒、福井の中に何店舗かあるのですが、県内では端のほうにはなってしまうのですが敦賀金山店が一番おいしいです。

店内には福井の英雄、五木ひろしさんが来店した写真などが飾ってあります。

歴史がある建物でお世辞にもきれいとは言えないのですが、忙しすぎて改装する時間も無いのではないでしょうか。

おいしさの秘密ですが他の店舗と比較してソースの酸味が少なく鼻につかない味で米の炊き具合が柔らかすぎず絶品なのです。

他店舗のソースは少し、市販のソース感があって少し酸味があるのですが、この店舗にはそれがありません。

そして今回のおすすめはもちろんソースかつ丼もおいしいのですが、私のおすすめは「パリ丼」です。

名前からは何か想像がつかないと思いますが、メンチかつが載っていてそこに特製のソースがかかっているだけ、という何ともビジュアル的には地味な丼です。

しかし、その味といえばその味を20年以上も前に知っていまだに食べたくなるという奥深さがあります。

メンチかつをかんだ時にあふれる肉汁が何とも食欲をそそり、次々と口へかきこんでしまいます。

ちなみに妻の母はよくオムライスを食べていました。

メニューも色々ありますが何を食べてもおいしいところです。

 

やきとりの秋吉・・・帰省客がみんな集まる場所

これは全国展開している焼き鳥の名店ですが、やはり本場の福井の味には他府県の店舗はかなわないです。

そして、その福井の中で一番焼き方が上手でおいしいのは秋吉・橋南店です。

カラオケを歌いながら個室で焼き鳥を堪能したい方は秋吉・種池店です。

私たちが行く時は連休中ということもあり、どちらの店舗も夕方の開店前からお客さんが並んでいます。

開店後に行くと長蛇の列でしばらく待たなければいけないので、それを見越して皆早く来ます。

従業員さんも元気で気さくな人が多いので、店内はとってもにぎやかです。

わいわいやりたい方には絶好のお店です。

我が家の大好物はネギマで6人で食べにいくとまとめて100本注文してしまいます。

その他には豚足などあまりお目にかかれないメニューもあり、好奇心の赴くままに注文していくと1本は安くともけっこうな金額になります。

頼みすぎに要注意ですがたまに来ると思わず注文しすぎてしまいます。

 

海鮮アトム・・・全国チェーンなのにここはネタが大きい

ご存知アトムグループの回転すしのお店ですが、アトムボーイではなく海鮮アトムでなおかつ幾久店が最高です。

まず、回転すしでありながら100円の低価格路線に走らず、大きくて肉厚なネタを提供してくれますし、中に大将がいて今日のおすすめをよく通るいい声で宣伝してくれたりします。

この2~3年のうちにタブレットでの注文となり、簡素化しましたがそれまではすし職人さんが何人か回転レールの内側にいて、口頭で注文して作ってもらうことができてました。

回転すしでありながら、カウンター越しにやり取りをするお店のようでした。

もちろん、今でもすし職人さんは何人かいますので、タブレットでなくても口頭で伝えたものも握ってはくれます。

 

岩本屋・・・屋台ラーメンから始まった越前ドリーム

先ほどの3店舗でも十分福井のグルメを食べつくしたと思えますが、余力のある方に是非味わってほしいのが今から紹介するラーメン屋「岩本屋」

「みった」というホームセンターの閉店後の駐車場においしい屋台ラーメンが来てると聞き、当時付き合っていた妻と食べに行ったのがかれこれ20年程前でした。

その屋台ラーメンこそ「岩本屋」だったのです。

屋台の前に並んで食べるのではなくて屋台の近くに車を止めて、できたラーメンを車まで運んでくださり、車で食べて器を返却するというスタイルでした。

背脂がしっかり入っていて確かにおいしくて何度か食べにいきました。

そしてそれから何年かして、お店を構えたと聞きそれからも時々思い出しては食べに行きました。

まだ外食をしても1人前を食べ切れなかった当時小学生だった息子が、初めて大人1人前のラーメンを食べきったのが岩本屋でした。

そうとうおいしかったみたいです。

あれから10年以上が過ぎ、岩本屋は福井と石川にそれぞれ10店舗以上、富山に数店舗で総店舗数30近くを構える大ラーメン店に成長しています。

先ほどの3店舗程行く頻度は高くありませんが、懐かしさでたまに食べに行きます。

まさに越前ドリームをかなえた偉大なラーメン屋です。

 

福井県はおいしいグルメの名店がいっぱい

福井に帰省の際はついついグルメ旅行になってしまいます。

福井は水がきれいなところで米やお酒がおいしいところとしても有名です。

きれいな水で調理する料理は味がよくなるのは当然です。

上に書いた所以外にもおいしい所がたくさんあるので書いてみました。

 

福井といえば「おろしそば」がわたしのいちおし

福井といえば「越前そば」。

その中でも「おろしそば」は名物です。

そして、その有名店として県外からお客さんが集まるお店が永平寺町にある「けんぞう蕎麦」です。

場所は住宅街の一角の小さな家を改装したこじんまりとした建物です。

玄関の土間を上がると、20畳もないくらいの部屋に机が5卓程並んでいて、座布団を敷いて畳の上に座って食べるスタイルです。

おろしそばは大根が辛いので、辛いものが苦手な方は他のそばもあるのでそれにした方がいいと思います。

ここもお昼時は並びます。

早い時間に並んでおくのがおすすめです。

 

オムライスはブルドッグのインディアンオムライスを是非食べてみて!びっくり

もう一つは福井市内にある老舗の「ブルドッグ」のインディアンオムライスが絶品です。

オムライスの中身がドライカレーで、卵の上にかかっているソースがデミグラスソースとマヨネーズが並べて塗ってあります。

店主さんが「ソースをよく混ぜて食べてください」と声をかけてくれるのがお決まりです。

この味を再現したくてチャレンジしてみましたが、簡単に真似できないおいしさです。

 

私のおすすめのお土産屋さんもサービス満点

最後は福井北インターの入り口付近にある「福井物産館」というお土産やさんです。

福井の銘菓や海鮮系の土産物を幅広く品揃えしてあります。

ここのよいところは試食が充実しているところです。

コロナ禍ではさすがに試食は難しいですが、色々なお土産を試食して気に入ったものを買えます。

試食がおいしいのでお土産のつもりが、自分用で追加購入してしまうことが多々あります。

また、賞味期限間近の品物をレジ付近で格安で販売しており、店員さんも時間がある時はおすすめしてくれます。

福井県の旅行のお土産はここへ是非寄って頂いて、充実の試食を堪能し選んで買ってください。

さらに、そこから車で数分のところには前田製菓という羽二重餅専門のお土産屋さんがあります。

ここは羽二重餅がこれでもかというくらいに様々なバリエーションの味で出迎えてくれます。

ここもまた試食が充実しています。

店舗中央にはお茶を無料で飲めるスペースが用意されており、くつろいで試食しながら選べるように工夫されてます。

こうして自分たちも堪能し、お土産でみんなも幸せにできる福井は食のワンダーランドです。

 

私のおすすめの福井のグルメの名店:まとめ

色々なところに住みましたが、日本海に面した県ということと水がきれいなところということで、海産物中心においしいものがたくさんあるのが福井県です。

今回は書けなかった蟹と海鮮の刺身の盛り合わせなどをその場で食べられるグルメの名店もまたの機会に紹介したいと思います。

以上、私が8年間過ごした間で何度も行き、なおかつ福井を離れた後も帰省するごとに行っているグルメの名店をご紹介しました。

福井に立ち寄った際は是非行ってみてください。敦賀のヨーロッパ軒は関西弁に近いので違いますが、嶺北地方では独特の温かみのある方言でお出迎えしてくれます。